とおいとおい街の中

デュエル・マスターズ

黒単卍ジャバランガ卍

黒単卍ジャバランガについての簡単な解説

 

やたらTwitterで伸びたのが嬉しかったので。

 

 

以下デッキリスト

f:id:princessworst:20180528021251j:plain

 

 

デッキの動きや枚数理由などの軽い解説をしていきます。

 

 


・デッキの基本的な勝ちパターン

デスザークやニトロで相手の動きを縛り、フィニッシャーのザビミラを回して勝つ。
基本的に盾は殴りません。ほぼ全ての試合でループでの勝利を目指します。
特定の状況では殴る必要があります。後記しますが、それが理由でストームを2枚採用しています。

 

 

 

・魔道具の枚数

デスザークを扱う上で最低ギリギリの枚数である20枚
減らそうにも増やそうにも色々都合が悪くなるのでこの枚数

 

 

 

・ループカードの枚数

ムカデ     ループの始動部分を減らしたく無かったので4枚
ジャバランガ  2枚無いとループ出来ないので4枚
ザビミラ    ループには1枚あれば良いので2枚
戒王      ムカデ同様始動ですが1枚あれば良いので3枚

 

 

 

・ニトロの枚数

4枚目を採用する枠が無く複数引いても強くない点、2枚以下だと必要な状況で無い事が多いので3枚
減らし過ぎるとヴォガイガで掘っても見つからない事があるので2枚以下は怖いですね。

 

 

 

・不採用にしたカード

ザンバリー    ジャバランガと相性が良い魔道具ですが消費がかなり荒いので不採用
グリペイジ    ハンデスする意味が薄かったので不採用
ダースシスK    ザンバリーと違ってコストを払わず山も落とせますが、ザンバリーより引いて腐るので不採用

 

 

 

・超次元ゾーンのストームとマティーニの枚数について

基本的にはループでの勝利を目指すデッキですが、ループでは勝てない場合があります
相手の山に悠久が複数存在し、尚且つ相手の手札に山を回復させる手段が存在する場合などがそうですね。

 

そんな状況になってもストームとマティーニを2枚採用していれば40コスト35000アンタッチャブル持ちWブレイカー2体で楽に詰める事が出来ます。
山を回復させつつ覚醒前のストームを除去されたら打つ手がありませんが、まあ大体除去出来ないので。

 

トリガーからのオリジャ、墳墓、スパイラルハリケーンなどは割り切りましょう。

 


必要無いかと思いますが、ラストストーム2体について一応説明を。


ラストストームAT時マティーナマティーニヴォルグヴォルグ、ラストストームから出したサイキックの上にストームを乗せる
マティーニの覚醒効果がストームに引き継がれストームが覚醒
この時覚醒したラストストームの下にあるカードは超次元ゾーンに戻りません。

 

 

 

・その他覚えておくべき事

ザビミラは2枚目が見えない限り出来る限りキープする。
ムカデから魔道具が出る。
グリギャンはジャバランガドゥポイズを使う事でタイガニトロになる。

 

 

 

以上になります。

 

本当に簡単な解説です(笑)

ほぼ同じ時期にこれとは全く違うリストが出回りましたが、僕のは一つの指標程度に思ってもらえると嬉しいです。

純正の青黒ジャバランガループ以外は環境に存在する多くのデッキにある程度有利を付ける事が出来ます。
しかし反面、それなりに事故する可能性を孕んだデッキでもあります。
非常にデッキパワーが高く面白い動きをし、回していて楽しいので皆さん是非是非使ってみて下さい。
きっと虜になって貰えるかと思います。

 

拙い文ですが、ここまで読んで下さってありがとう御座いました。


以下、戦績

 

予選
一回戦 青黒赤墓地ソース○
二回戦 無色t青ジョーカーズ○
三回戦 青黒ジャバランガループ○
四回戦 白単メタリカルネッサンス
五回戦 無色t青ジョーカーズ○
六回戦 (確上がりの為免除)

 

決勝t
一回戦 無色t青ジョーカーズ×○×

 

結果 6-2 best8