スミマセン、ミスです。戻します。

 

ミス戻さないでください。

 

 

 

 

vault大会で定期的に巻き戻し関連で話題になってますね

最近ではトリガーしてないクロックを手札から出したりとか。

 

今回はvault大会での巻き戻しの是非に関して書いていきます。

 

 

 

1.公式での巻き戻しの扱い

 

 

 9.4 巻き戻し


この文書の中で、ジャッジに巻き戻しの可能性を考慮してもよいという記載が存在する。プレイヤーが手に入れうる、プレイヤーの行動に影響を与えうる情報が存在するため、巻き戻しは最終手段として扱われ、ゲームをそのままに続けさせるのがはっきり悪い解決であるという状況においてのみ適用される。よい巻き戻しとは、得られた情報が何も影響を及ぼさず、プレイの流れが変わらない(訂正された誤りを除く)ものである。言い換えると、巻き戻しは選択の幅が最少である状況に限る。


ヘッドジャッジだけが巻き戻しを許可できる。大規模なイベントにおいては、ヘッドジャッジはその権限をチームリーダーに委譲してもよい。


巻き戻しをする場合、誤りの行われた時点以降の各処理は、もっとも後に行われたものから逆順に巻き戻される。すべての処理は巻き戻されなければならず、一連の行動のうち一部を無視したり順番を変えたりすることは認められない。処理を巻き戻す中でカードがどれであるかプレイヤーのいずれか1人にでも判っていないものがあった場合(引いたカードなどがその典型である)、あり得る候補の中から無作為のカードが選ばれる。切り直しの巻き戻しは、切り直すことによって行われる。


無作為あるいは未知の要素を含む巻き戻し、中でも引いたカードが変わってしまうことになるような状況をもたらしかねない場合には、特に注意深く取り扱われるべきである。例えば、プレイヤーが山札を切り直す能力を使える状況で、カードを山札に戻すことは、極々一部の特例を除いては行うべきではない。

 

出典  デュエル・マスターズ 競技イベント運営ルール(PDF形式)(最終更新日2019/01/28)

 

 

要は巻き戻しってのはゲームの進行に問題が生じた場合にのみ認められる行為であって、マナチャージミスとかでは認められない感じかな。

 

この時点でマナチャージやカードのプレイ云々での巻き戻しは認められない事が分かるので終わりたい所ですが、一応続けます。

 

 

 

2.vault大会での巻き戻しの扱い

 

 

一応調べたんですが、巻き戻しに関して明言して無さそうだったので参加の前に読んでくださいの試合の決め事の部分から推測します。

 

試合の決め事

  • 試合時間:25分1本勝負。時間切れの場合、その時点での消費時間の少ないプレイヤーの勝ちとします。
  • ただし、トーナメントの準決勝・決勝は、40分1本勝負となります。
  • アナウンスから10分以内に着席しない場合、棄権とみなします。
  • 遅延について:悪質な遅延行為があった場合、掲示板などで報告して下さい。アクセス制限などの措置をとる場合があります。基準は管理人の主観です。
  • 対戦の制限時間は、管理人の独断で延長する場合があります。
  • 不具合が発生した場合、不戦敗になることがありますが、そのまま続行です。結果の補正は行いません。
  • ジャンケンが泥沼になったときは、ジャンケンの持ち主側が譲ってください。
  • 明らかにどう見ても省略できる宣言は、省略して構いません。
  • ジャッジキルをしようとは考えないでください。かといって、逆にわざとミスしたふりして不正したりもしないでください。どっちにしても、怪しい人物にであったときは都度連絡してもらったらこちらで対処します。
  • 紳士的に善意を持ってプレイできる環境であって欲しいです。観客もいることだし、ここはちょっとイケメンプレイたのんます。

出典  大会会場 - デュエルマスターズ DMvault

 

 

一番下の項にある「紳士的に善意を持ってプレイできる環境であって欲しいです。観客もいることだし、ここはちょっとイケメンプレイたのんます。」の部分が巻き戻しに関係してるのかな?

 

個人的な解釈ですが、紳士的に善意を持ってプレイ出来る環境ってのはルールミスなどでの巻き戻しで相手に悪意があったかの是非を問う必要が無い環境だと考えているので、巻き戻しが多発して一々相手の悪意性を疑う必要がある環境では無い気がする。

 

当然だけど巻き戻しはイケメンプレイでは無いし、イケメンなら以降の啓発も考え巻き戻しを認めないべきなのでは、って感じ。

 

 

 

3.巻き戻す必要がある場面と無い場面

 

 

巻き戻す必要がある場面ってのは、例えばドルマゲドンの効果でシールドを墓地に送って無かったとか、チャフ打ってるのに相手が呪文唱えちゃったとかそんな感じ。

 

巻き戻す必要が無い場面、これはマナチャージとか「あ、やっぱこれ使うのやめます」とかですね。

 

で、ここで面倒になるのがコストが違う似たようなカードでのミス

相手が3マナ払って火の子と間違えてギフト打ったり、6マナ払ってジアースと間違えてミツルギ出しちゃったりとか。

実際の詳しい事は分からないが、火の子をプレイする意思があったのであれば巻き戻しを認めるべきだとか、進行に問題が無いのなら過不足分のみ修正してプレイしたカードは戻さないとか、そんなんで少し話題になってたような。

 

これも巻き戻しは必要ないなーって気がする

どの視点でもそうだけど、ルール上のミスはマナコスト支払いの過不足や色のタップのみで、それ以前のプレイに関して問題が無いのであればマナタップ以外で巻き戻しを行う必要が無い。

 

 

 

4.結論

 

巻き戻しはルール上必要な場面以外認めるべきではない、ってのが結論。

まあ1の時点で巻き戻しが認められてないってので話としては終わってましたね。

 

巻き戻しや操作云々でvault大会は敷居が高いだの色々言われてますが、形はどうであれ大会なんだし敷居ってのはある程度高い方が良いのでは?

 

 

 

一昨日ぐらいに巻き戻しに関して色々考えて、筆者自身もvault大会で巻き戻しをしていたので自分に釘を刺すのも兼ね公開。

 

 

あ、これvault大会に関してであってフリーに関しては知らないです。